ユーザ専用ログイン画面の表示がブロックされる場合
     
HOME > サポートサイト利用規約
区域設定システムサポートサイトユーザ利用規約
本規約は、一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構(以下・当機構)が運営する『区域設定システムサポートサイト』(以下・当サイト)のユーザ登録規約(以下・本規約)です。お客様は本規約に同意することによって、ユーザ登録及びサービスの提供を受けることができます。


区域設定システムサポートサイトユーザ利用規約


第1条 本サイトの種類および内容

1.『区域設定システムサポートサイト』のユーザ登録者に対するサービスは、当機構が運営する『区域設定システムサポートサイト』のウェブサイト上で提供する区域設定システムサポートサービスです。

2.当機構はユーザ登録者の事前の承諾を得ることなく、本サービスの内容を変更することができます。


第2条 本規約の範囲及び変更

1.本規約は、当機構および第3条によって定義されるユーザ登録者に適用されます。

2.当機構はユーザ登録者の事前の承諾を得ることなく、当機構が適当と判断する方法でユーザ登録者に通知する事により、本規約を変更することができるものとします。


第3条 ユーザ登録者

1.ユーザ登録者とは本規約を承認し、当機構所定の手続きによりユーザ登録を申請し、当機構がこれを承認した者をいいます。

2.ユーザ登録者は、本サービスを通じて発信する情報について一切の責任を負うものとし、当機構に迷惑または損害を与えないものとします。

3.本サービスの利用に関連してユーザ登録者が第三者に対して損害を与えた場合、当該ユーザ登録者は自己の費用と責任で解決するものとし、当機構に何らの迷惑または損害を与えないものとします。

4.ユーザ登録者は、当機構に届け出ている事項に変更が生じた場合、当機構が別途指定する方法により、速やかに当機構に届け出るものとします。


第4条 本サービスの利用停止、ユーザ登録の抹消

1.当機構は、ユーザ登録者が以下に掲げる事項に該当すると判断した場合、ユーザ登録者に事前に通知することなく、本サービスの利用停止またはユーザ登録を抹消することができるものとします。

・ 第5条の行為を行った場合
・ その他、本規約に違反した場合
・ その他、ユーザ登録者として不適切と当機構が判断した場合

2.ユーザ登録者は自身のユーザ登録の抹消を望むときは、本サービス内で所定の手続きをとることにより、自身のユーザIDを抹消できるものとします。


第5条 禁止事項

1.ユーザ登録者は以下の行為を行ってはならないものとします。

・ ユーザ登録の際して虚偽の内容を登録する行為
・ 登録ユーザID、およびパスワードを不正に使用する行為
・ 他のユーザ登録者や第三者、もしくは当機構を誹謗中傷し、または名誉、信用、プライバシー等を侵害する行為、またはそれのおそれのある行為
・ 他のユーザ登録者や第三者、もしくは当機構の著作権、商標権、特許権、実用新案権、意匠権、肖像権その他の権利を侵害する行為、またはそれのおそれのある行為
・ 本サービスの運営を妨げる行為、またはその他サービスに支障をきたすおそれのある行為
・ コンピューターウィルス等、有害なプログラムを本サービスを通じ、または本サービスに関連して使用、もしくは提供する行為
・ 公序良俗に反する行為、その他法令に違反する行為、またはそのおそれのある行為
・ 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
・ 本サイトの運営を妨げる行為
・ その他、当機構が不適切であると判断する行為


第6条 著作権

1.本サイトに掲載される情報の著作権は原則として当機構または当機構に情報を提供した第三者が有しています。

2.ユーザ登録者は、権利者の承諾を得ないで、いかなる方法においても、本サービスで提供される情報を、著作権法で定めるユーザ登録者個人の私的複製等、著作権の制限規定として定める範囲外での使用をする事はできません。

3.ユーザ登録者は、権利者の承諾を得ないで、いかなる方法においても本サービスを通じて提供される情報を第三者に使用させたり、公開したりすることはできません。

4.本条の規定に違反して生じた問題は、ユーザ登録者が自己の費用と責任において、解決するとともに、当機構に何等の迷惑または損害を与えないものとします。


第7条 ユーザIDおよびパスワードの管理

1.ユーザ登録者は、ユーザ登録者自身で設定したユーザIDおよびパスワードの管理責任を自ら負うものとします。

2.ユーザ登録者はユーザIDおよびパスワードを第三者に開示、貸与、譲渡、名義変更、売買してはならないものとします。

3.ユーザ登録者は、ユーザIDおよびパスワードが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合、直ちに当機構に連絡するとともに、当機構からの指示がある場合はこれに従うものとします。


第8条 ユーザ登録情報の利用


1.本サービスの利用に関連して当機構が知り得たユーザ登録者の情報について、別途定めるプラバシーポリシーに従うものとします。


第9条 情報の管理

1.当機構はユーザ登録者が発信した情報について、次のいずれかに該当する場合には、ユーザ登録者に断りなくこれを削除することができるものとします。

・ 当該情報が当機構や他のユーザ登録者もしくは第三者の著作権その他の権利を明らかに侵害している、または当機構もしくは第三者の名誉もしくは信用を明らかに侵害していると認められた場合
・ 当該情報が他のユーザ登録者もしくは第三者の著作権その他の権利を侵害し、または第三者の名誉もしくは信用を侵害しているとの警告を、当機構が当該第三者から受け取った場合
・ 日本のまたは、適用の外国の法令に明らかに違反していると認められた場合
・ 官公庁から削除するよう命令を受けた場合
・ その他、当該情報に関して当機構が不適切であると判断した場合


第10条 本サービスの保守

1.当機構は、本サービスの稼動状態を良好に保つために、以下の場合ユーザ登録者に事前に通知を行うことなく本サービスの提供の全部、あるいは一部を中止する事ができるものとします。
・ システムの緊急保守の場合
・ 火災、停電、第三者による妨害行為等により、システムの運用が困難になった場合
・ その他、やむを得ずシステムの停止が必要と当機構が判断した場合


第11条 免責事項

1.当機構は、ユーザ登録者の登録内容に従い事務を処理することにより免責されるものとします。
2.当機構は、法律上の請求原因の如何を問わず、いかなる場合においても本サービスの利用に関して生じた損害、損失、不利益等に関して責任を負いません。
3.ユーザ登録者が、本サービスを利用することにより、他のユーザ登録者が本サービスを通じて得る情報について、完全性、確実性、有用性等いかなる保証もいたしません。
4.ユーザ登録者が、本サービスを利用することにより、他のユーザ登録者または第三者に対して損害等を与えた場合は、当該ユーザ登録者は自己の責任と費用によってこれを解決し、当機構には一切責任を負担させないものとします。


第12条 その他

1.当機構とユーザ登録者との連絡方法は、電話及びメールフォームによります。
2.本規約に関して問題発生した場合には、当機構とユーザ登録者との間で双方誠意をもって話し合い、これを解決します。
3.本規約に関する準拠法は、日本法とします。
4.本サービスの利用に関して訴訟が発生した場合、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。


制定:2003年10月1日